-トマトの子育て生活-

子育てで経験したこと、備忘録

家事にコミュニケーションに大助かり!ベビービョルン(Babybjorn)のバウンサー

こんにちは!トマトです。

 

 赤ちゃんが生まれて退院してからの生活。

最初のうちは里帰りだったり、両親や親せきに気もらったりして家事や育児のサポートを受けれる機会が多いと思います。

もちろん、退院からサポートなしで全て行っているママもいらっしゃいます!尊敬します…!

 

私の場合一人目里帰り、二人目母に自宅まで通ってもらう形(しかも片道3時間以上…)で手伝ってもらいました。

 

しかし、一人目里帰り後自宅に戻り、今まで母に任せっきりだった食事や家事を赤ちゃんをお世話しながら一人で行わなくてはならず大変苦労しました…。

 

そんな時大活躍だったベビービョルンのバウンサーについて紹介したいと思います!

 

 

バウンサー購入を検討

リビングに寝かせておけるところがない…

我が家は当時1LDKで赤ちゃんのベッドは寝室にありました。そうすると日中の生活スペースであるリビングで赤ちゃんを寝かせて置けるスペースはありませんでした。

目の届かないところにずっと寝かせておくのも心配だったので購入を決めました!

 

 こちらがベビービョルンのバウンサーです。

 

 

ベビービョルンのバウンサーのおすすめポイント

生後1カ月から使える

赤ちゃんが首すわりが完了する前の生後1カ月から使えます。悩んでいた当時月齢1カ月半だったので購入すればすぐ使えました。

折りたためる

使わないときはコンパクトに折りたためます。上の子の時に活躍し、下の子が生まれるまで使わなかったのですが、押し入れの場所もあまりとらずに収納して取っておけました。

総メッシュ仕様

我が家は夏生まれなので背中に熱がこもらないという点は非常に良かったです。また、洗濯しても本当にすぐ乾くので夜のうちに洗濯→次の日の朝には使える!という洗濯してるから使えない~困るといった場面はあまりありませんでした。

なので冬生まれでも夏生まれでも総メッシュで買っておけば間違いないと思います。

デザイン

これは好みが分かれますが、育児用品はカラフルや淡い色のものが多い中で落ち着いたこの黒とグレーの配色はとてもシンプルでシック。シンプル好きの私にはぴったりでした。

 

実際使ってみてよかったこと

家事ができる

特に月齢が低く、首が座っていない場合はおんぶもできないので、前向き抱っこであやすしかありません。そうすると料理や家事ができない!

でもバウンサーなら座ってもらえば動きたいように動けます。それがたとえ少しの間でも大助かりでした!

軽いので色々な場所で活躍

悩みだった目の届く場所に寝かせておきたいというのも解消されました!

軽く持ち運びが簡単なので色々な場所で使いました。特に活躍したのはお風呂場。私がお風呂に入っている間、バウンサーで待ってもらっていたり、お風呂からあがるときはバスタオルをバウンサーにひいて赤ちゃんを上げるとに乗せて体をふいたりしていました。キッチンにも持っていき、料理中かをを見ながらあやすことができました。

当時ローテーブルだった我が家は親の食事中も目線が一緒くらいになるので椅子代わりに座っていてもらったりもしました。

コミュニケーションが取れる!楽しんでいる

そして我が家の子はバウンサーを本人が何より楽しんでいました!!自分で揺らせるようになったのが2か月くらいからで、足をキックして揺らして楽しんでいました。そしてこれはコミュニケーションにも使えて、「足キックキックだね~」「ゆーらゆーら」

と目を見ながらお話したりそのたびに笑顔で返してくれるので親まで楽しくなっちゃいます。

ウンチが良く出る

これは本当に不思議なんですが、バウンサーにのるとブリブリッとよくウンチが出ます。便秘かなという時はあえてバウンサーに乗せてウンチ出ろウンチ出ろ~!と願掛け(?)をしていました。しかし、ウンチが出るということはその反面…後述の気を付けることも読んでください。

 

 

気を付けること

ウンチ漏れ

先ほども書きましたが、ウンチが出やすいです!月齢が低い赤ちゃんだとまだウンチが緩いこともあり出やすい反面漏れやすいです。我が家ではものすごく漏れるといったことはありませんでしたが、漏れると洗濯が大変になるので注意したほうが良いかもしれません。

吐き戻し

赤ちゃんにもよると思うのですが、授乳後すぐはバウンサーの揺れで吐き戻ししてしまうこともあります。なので授乳後すぐはあまり乗せないようにしました。

しかし我が家の二人目は生まれたときからほぼ吐き戻しをしないタイプで、試しに授乳後すぐ乗せても全く吐くことはありませんでした。

でもやっぱり授乳後は時間を空けて乗せるのが一番ですね。

ベルト着用は必須!

生後1カ月から使えるので、赤ちゃんはまだ全然動けません。その為ちょっと乗せておくだけだからとベルトをしないでのせてしまうことがありましたが、月齢が上がるにつれ思いがけず動いてずり落ちてしまうこともあります。

我が家も数回ありましたが、それからは確実にベルトを着けています。

そしてさらに月齢が上がるとこちらがびっくりするぐらいぶんぶん揺れます。

本当に危ないのでベルトは着用必須です!

 

専用のおもちゃもある

上の子の時には使わなかったのですが、専用のおもちゃもあります。

 

 

 

これなら起きて待っているときもこのおもちゃで遊べるので赤ちゃんも退屈しませんよね。

すでに下の子にも活躍していますが、相手してほしいと泣くことも多いので、
このおもちゃを追加で買おうか検討中です。

 

 

本当にベビービョルンのバウンサーを買ってよかった!

1人目里帰り後、急に自分一人での育児+家事が始まり、抱っこをしている状況では本当に何もできず1日が過ぎ去り自己嫌悪に陥るという負のループでした。

 

しかしバウンサーを買って座らせておける時間ができると、自由に動ける時間ができて精神的にもとっても楽になりました。

 

そして現在2人目育児でも大活躍中です!!

 

今下の子は日中、床付の布団に寝かせておくとが多いのですが、そうすると上の子に踏まれてしまう可能性も高いので、かなりの割合でこちらのバウンサーに乗せています。

バウンサーに乗せていれば踏まれる心配もないし、上の子も座ってコミュニケーションがとりやすいようです。

 

我が家の子供たちがバウンサーと相性が良かったこともあるかもしれませんが、私はバウンサーにかなり助けられました!

 

 大活躍のバウンサーこれからもお世話になりたいと思います。

 

 

今回も読んでくださりありがとうございました。